金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

証拠金維持率が100%を割ったら、ロスカット

円高が進んでますね~。 ここ最近の土日は憂鬱です。「来週は円安方向に回復するかなー」ていう感じで。 余力のお金を入金して取引をしているのですが、120円に回復するまでは様子を見た方が良さそうです。 現在123~125円の為替を8万単位保有しています。理想としては10万単位という上限をつけて証拠金を少しずつ上げて行こうと思っています。

しかし上記のように120円に回復するまでは、残り2万単位分の取引は控えます。 また120円に回復したとしても、ドル円の取引は控えてユーロドルの取引をしたいです。何故なら現在保有して入り8万単位すべてが円ドルだからです。利益が出ずに塩漬け状態になっているので、早く手仕舞いたいです。なので新たに、ドル円を保有したいというのは気は当分の間、起きないです。

ユーロドルはドル円に比べて、流動性が高いようです。そのおかげでユーロドルは割と早い時点で、含み益がでて手仕舞うことができました。なので現在は保有していません。まぁたまたまかもしれませんが… 私のスタンスとしては結構、強気な発言をすることが多いのですが、今回は慎重です。それには他に理由があります。

実は…お世話になっている証券会社が、大幅に約款を改正したのです。それはロスカットに関してです。 従来は証拠金が20%を下回ったらロスカット、つまり強制決済だったのですが…2016年3月から50%に引き上げられます。 それだけだったらまだ焦りはしません。しかし最終的に、2016年12月までに100%でロスカットになるのです!

私の普段の取引で証拠金維持率が100%を破ることはほとんどありません。しかし日々取引をしているので、たまには100%を破ることだってあります。そんな時は24時間以内に追証をすれば、ロスカットされることはありませんでした。 でもこれからはそういうわけにはいきませんよね。

だって100%を割った時点で「即・取引終了」になってしまうのですからたまったもんじゃありません。なのでこの1年で新たな戦略を再度立て直していかなければならないのです!

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ