金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

FXは身を持って体験しないと、学ぶことができない

「130円の円安になる」との今年の予想を大きく反して、116円に突入しました。 1万単位を10件で取引をしているのですが…既に8件が塩漬けです。この8件は全て、円ドルでの取引です。 なので残り2単位で利益を狙っています。 FXは日々が勉強です。今回の取引で解ったことは「一つの通貨に酷使してはいけない」ということです。

普段は、円ドルもしくはドルユーロで取引をしています。それで現在8件が円ドルで塩漬け状態。。取引が円ドルに偏っているということですね(汗) 私の場合、基本的に損切りはしません。そのためにも証拠金は余裕を持って入金しています。 とは言っても、人民元ショックの時は私もショックでした。

証拠金に余裕を持っていたはずなのに、はじめて「ロスカットアラーム」が発令しました。その際に新たに入金しようと思っても、通信が混雑してできる状況ではありませんでした。 一気に100万円を失いかけましたが、奇跡的に難を逃れました。それでも翌日に追証が来ることが予想できたため、止むを得ず損切りを2件ほどしました。

その際の損切り額は16万円のマイナスです。しかしそのマイナス16万円のおかげで損失額はわずかで済みました。 それに年間のトータルで見たら50万円ほどの利益が出たので、一先ずホッとしました。 証拠金に余裕を持つことの大切さを身を持って体験した出来事でした。

さらにロスカットアラームが発令してからでは、証拠金の追加は不可能に近いことも、知ることができました。 脱線してしまったので話しを元に戻しますと…今年の相場予想では130円を某証券が出していたので…今の「塩漬け君」を決算できたら、取引スタイルを新しいものに変えようと思います。

それは…通貨の種類・単位をドル円、ユーロ円それぞれ5万単位(1万単位×5件)を上限にすることです。 まぁ今までが試行錯誤の状態でやっていたので、身動きの取れない今になって学ぶことのできた教訓です。 こうすれば塩漬けになる状況も回避でき、10万単位すべてを使っての取引も緩和されるかな、という見通しです。 資金に余裕があれば取引をしないときにも、ココロに余裕が生まれますからね。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ