金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

2回トレードを行ってどちらも成功。新たにラインを引いて戦略を考える

1月13日、本日は2回トレードを行いました。1回目は午前中に本番の取引をして、豪ドル円を売りました。10PIPSに満たない利益だったけど、負けなくてよかったです♪午後は練習のため、デモトレードでの取引です。こちらも豪ドル円の売りです。10PIPSの利益を獲得しました。チャートに移動平均線を表示させてありましたが、見ないで、自分が引いたラインを頼りに取引して成功しました。

現在は夜の8時15分。豪ドル円の5分足を開いて、再びチャートにラインを引いてみました。パッと見て、これはどう線を引けばいいんだろうと迷ったけど、あるところに注目したら引けました。本日の豪ドル円の高値は、指標発表で付けた83.39です。東京株式市場が終了してから、上値が重くなって82.68まで下げています。だけど、16時30分頃から上昇が始まって83.35をつけました。

若干、東京時間の83.39に届いていないところがポイントだと思って、83.39と83.35の髭同士を結ぶように線を引きました。下のほうもラインを引くと、三角のチャートが完成しました。東京株式市場が終了して、豪ドル円が下げ始める前、形成していたのも三角持ち合いでした。タイプとしては同じですが、今のチャートはあまり規則性はない感じ。

今は同じ大きさの陽線と陰線が出てもみ合っています。83円はタッチできました。しかし、東京時間の高値に挑戦してもギリギリのところで越えられていないことが気がかりです。午前中、中国の貿易収支が発表されて、結果は大幅に改善されました。予想よりもはるかにいい数字だったのに、その後上昇して高値を越えられないということは、もっといい材料が出るまではお預けなのでしょうか?

ここ最近、ニューヨーク時間の高値更新が続いています。東京時間の高値を欧州でも越えてこないと思っていたら、ニューヨーク時間に越えてくることが多いです。FXの勉強をしているとき、ニューヨーク時間に高値更新したら素直について行くトレード方法を知りました。真似したことはないですが、騙しは少ないかも。なんとなく思う。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ