金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

専門家の売買方針の通りにやっていると、失敗もある

1月12日、前日の豪ドル円は最初円高に進んだ後、円安に戻してきた所で人民元の基準値の発表を聞きました。連続で高い水準に引き上げられた事で、上に伸びました。その後は再び円高に向かいましたが、午後になると高値を更新して82円をつけました。

人民元のことで安心して買いが入ったんだと思いました。82円を付けたことで、いい位置に戻ってきてくれたと思いました。豪ドル円を売りで売買しようと思い、専門家はどう見ているのか確認しました。確認する前、売りを進めていてほしいと願いました。

売買方針で売りを進めているのが確認できると、一致したことで(´▽`) ホッとしました。私は毎日ニュースを見たり、チャートを見て売りか買いかを判断するのですが、自分の判断に自信がないので、念のため専門家の方針をのぞきます。一致していたらどこで仕掛けるのかを考えます。一致していない場合は、専門家の売買方針に合わせてみるか、トレードをお休みして動きを見る。このどちらかです。

前日の売買方針は82円前半で売って、損切りを82.50に置くとなっていました。豪ドル円は82円をタッチしたところで押し戻されましたから、82円前半じゃなくて82円タッチで売ればよかったと思いました。出来なかったことを後悔していると、5分足が上昇して再び上げてきました。ラインが引ける感じだったので引いて、割れたところで売りをしたら利益になりました。

しかし、引っ張ったためアウトになりました。夜に確認すると、82.50にタッチしています。売買方針はだいたい当たることが多いですが、今回は外れています。81.70で売りで入っています。もしも損切りを82.50に設定していたら、800円も損しています。

当たることが多い売買方針ですが、やっぱり売買は自分が納得いくやり方で行ったほうが、失敗しても後悔しないと思います。実際に稼いでいる現役トレーダーのブログを見ると、自分を信じて売買しています。誰かの方針をそのまま受け取ってやることをしないで、自分の戦い方で勝っていて、これこそが実力がある人だと感じます。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ