金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

新年からの荒れ相場のおかげで暴落の嫌な夢を見た

1月9日、荒れていた新年の相場1週間がようやく終わりました。新年から中国のことで荒れてから、1日でもいいから落ち着いてほしいと願っていましたが、落ち着くどころか日増しにどんどんリスク回避が加速しています。中国の指標悪化、北朝鮮が水爆実験に成功したこと、2日連続人民元引き下げ、その後の人民元高で激しく上下に振れるクロス円など、大変な騒ぎばかりでした。

そんな中、テレビ番組では今年がさる年だということで、これからどんな相場になっていきそうか、早速予想がやっていて、騒がしい年になりそうだと言っていました。もうその日から相場は大荒れで、大変でした。でも、ポジションを持っていなくて波に飲み込まれていなくて助かりました。この相場を災害に例えるなら、津波?昨年の中国のことによる相場もそんな感じ。

最初は軽い波で済むかと思っていたけど、日増しにショックが大きくなって、激しいリスク回避でどんどん買いポジションが飲み込まれていきました。大きく上下して、売りも買いも壊し放題で手加減のない相場でした。今回もやってきたわけですが、レベルアップしている気がして嫌です。人民元切り下げの続編、あったんですね~。おかげで今週の金曜日の豪ドル円、81.79まで下落。そこまで下がったことは、今日業者の画面で知ったわけですが、寝ているときに豪ドル円のすごい夢を見ました。

90円から下げが始まって一晩で20円近く下げた夢。もう焦って目が覚めて夜中なのに携帯開いてチェックしかけましたが、眠れなくなると困るのでやめました。1回起きて寝たら、もう夢は見なくなりました。朝起きて確認すると、81.79で、もう大げさだなぁと思った。でも、あと少しで80円が見えてくるから怖いよ~。この夢はどうして見たんだろう?と考えてみた。

1週間中国のことで相場が荒れて、その間ほとんど相場を見ていて恐怖が頭に刻まれたから。しかも、クロス円の中で豪ドル円をメインに見ていて上下に振れるすごい不安定な動きをしたから。あと、土曜日に中国指標があるということで大きな窓開けになる可能性を警戒していたから。たぶんそうだ。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ