金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

スプレッド負けの影響を減らすためのポイント

FXで副業をしている人によってスプレッドの考え方はそれぞれですが、基本的にスプレッドは小さい方が利益がでやすいということもありいいのではないでしょうか。 FXではスプレッドは、FXでエントリーそして決済するたびに引かれる手数料として認識されていますが、基本的にスプレッドはFX会社のサイトでは往復で書かれてあるのでそれを基準にしてスプレッドの良し悪しを考えるべきです。

FXが外貨預金よりもうけやすいといわれてるのもこのスプレッドが起因しています。 外貨預金ではほとんど往復での手数料が一円程度かかるのが大多数といえますが、FXではスプレッドでは一円未満とかなりのお得感がくらべるとあるのではないでしょうか。

しかしそうはいってもスプレッドはFXトレーダーにとって大きなあせかしになるのはほとんどで、外貨預金とまではいかなくてもスプレッドが原因で利益が出にくいということもなくはないのです。 それを俗にスプレッド負けとよふこともあります。 それではこのスプレッド負けの影響をうけやすいのはどんなトレーダーかというと、エントリー回数が多いという場合です。

エントリーするだけスプレッドがとられるのですから、それ以上に利益を出さないと難しいということなり、とくにエントリーが多いということは小幅な利益を出そうとしているトレーダーが多いためスプレッドでの影響を感じやすいということがよくみられます。

そのためエントリー回数が減らすことがきればそれだけスプレッドのあおりをうけにくくなるというわけですが、具大敵にどうするかというと、それは利益をとるpipsを増やすということがあげられます。 最低でも10pips以上は利益をとらないとスプレッドでの影響は否定できませんから、そのため利益を大きくすくうことろを心掛けるのが大前提でしょう。

もちろんスプレッド負けの影響をうけずにエントリー回数が増やすことも為替レートにより可能ですが、しかしながらエントリー回数が減らせればそれだけ利益が安定する可能性もあるのです。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ