金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

バイナリーオプションは税金にも注意が必要です

バイナリーオプションを始める上で忘れてはいけないことの一つが税金の問題です。どのようなものであっても所得が発生すれば課税される可能性があるという点に注意が必要です。バイナリーオプションも取引がうまくなってくるとかなり稼ぐことができるようになるでしょう。そうすると税金を支払わなければならなくなります。税金を支払わなかった場合、脱税という扱いになりますから、厳しい処分がなされた場合には加算税などを支払っていかなければなりません。

ですからバイナリーオプションの取引をするときには税金のことも知っておかなければならないのですが、細かいことについては税務署や税理士に効いてみるのが良いでしょう。税務署や税理士に聞けばある程度のことは分かるのですが、その前に税金を納めなければならないのかどうかを把握しておくことは必要です。税金を納めなくても良いのならわざわざ相談する必要はありません。

まず、税金の区分についてですが、これは雑所得という申告分離課税の扱いになります。その税率は、所得税が15%と地方税が5%の、合計で20%となります。合計20%ですから、たとえば100万円稼げば20万円を支払わなければなりません。かなり大きな割合だと言わざるを得ません。

雑所得として扱われるのは他にもいろいろありますが、サラリーマンで給与所得しか所得がないという人にとっては、雑所得はないでしょうから、バイナリーオプションの所得だけが雑所得となることが多いです。雑所得は20万円までは申告する義務がありません。これくらいならわざわざ申告するまでもないという判断なのでしょう。20万円以下の所得なら申告する必要はありませんが、収めたいのであれば収めてもかまいません。このあたりは良識にまかせれば良いですが、申告しなくても罰せられないと制度が定められているのですから、国のことを思って収めたい人以外は収めるべきではないでしょう。

なお、バイナリーオプションの利益は損益通算ができます。具体的にはFXやCFD、株価指数先物などと損益を通算することができますから、たとえば株価指数先物取引で赤字が生じた場合、利益から控除することによって課税金額を小さくできます。過年度に渡る損失繰り越しもできるようになっています。これらの税制上のメリットを受けるためには確定申告を行わなければなりません。確定申告は自分でもできますから、税務署に書類をもらいに行きましょう。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ