金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

経済や市場が活況の時に順調にFXで稼いでいます

私がFXを始めた頃はリーマンショックの真っ只中で、今の価値よりも半分程度も値段が下がっていました。リーマンショックで株価が下落する中で、将来的な活況を見越してFXとして投資をするようになりました。当時の価格の落ち込み方はバブル期を過ぎた頃よりも大きくて、株価はバブル期を過ぎてから最安値を更新しました。

大きな出来事の後は必ず好況が来る事を信じて、友人からアドバイスを受けて給料で溜めた資金を活用してFXを始めました。当時は人々のショックが大きかったので、将来的には更に落ち込む事を心配して、取引を行っている時には損切りの行動を優先させた事もあります。 取引を行って2010年を過ぎた頃から、アメリカ経済の回復の兆しがあって、円安の傾向と共にアメリカドルやオーストラリアドルの数値が上がって行きました。

2010年を過ぎると円安基調になって、利益を出しやすい環境に恵まれた事が良かったです。2015年までには20円以上も円安になったので、取引のタイミングを少し間違えても儲ける事に成功できたことは幸運でした。最初に取引を行った時はビギナーズラックに恵まれていなかったが、経済の活性の恩恵を受けてさほど決済の技術を身に付けていなくても儲けを出せました。

リーマンショックから数年が経過して、徐々にドルの価値があがった事で、FXで儲けられた事は自分の努力ではない事を認識しています。2015年までに円安の貴重は継続していて、現在まで円安によって1年のうちに儲ける月が多い事にやりがいを感じていますが、中国経済などの影響によって2016年に入って円高の基調になっています。

ドルの価値が徐々に上がっていた事はこれまでの歴史の中で例を見ない運である事を実感しています。これからFXの取引を行う場合にこれまで以上に引き締めて取引を行う事に徹底して、損をしないようにチャートなどの研究をしながら利益を出す勉強をしています。いずれは円高でドルの価値は下がる事を意識していて、2016年の取引は正念場である事を実感しています。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ