金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

才能がないわけではなく、諦めるとチャンスまでもなくなる

1月11日、東京時間午後に豪ドル円を売って利益になった場面がありますが、夕食を食べ終わってチェックすると、ストップに引っかかって、利益がなしになっていました。ここが最高の戻り売りポイントだと思って持ったポジションは、実はそうではありませんでした。

81.70の位置で持ったんだけど、のぞくと82円後半に来ていました。ニュースを見てもどうして上昇してきたのかヒントが得られなくて、さらにショックでした。これからの動きを読めなくて、ニュースを見てもわからないなんて、トレードする側としては致命傷なんてふうに考えてしまいました。でも、諦めたくなくて相場は読めないことを受け入れて、チャートを開いて動きを理解しようと思いました。

今日、豪ドル円の5分足のトレンドライン割れで売って失敗しました。そうなったにも関わらず、また5分足を見ています。だって、綺麗にラインが引けるから。それで見ていると早速チャンスに出会いました。引いたサポートラインで反発したのを見てロング。これで上手く行って5PIPSの利益を得ることができました。トレードをすると失敗もあるけど、成功もちゃんとあるものです。

両方がある事を知っているので、負けても頑張ろうって思います。私はもともと気が弱いほうで、物事が上手く行かないとFX以外のことでも、自分は他の人と違うのではないかと考えてやめる方向に向かってしまいます。そういう癖がある事が分かっているので、その度に成功も失敗もあるけどちゃんとできるからそんなにあきらめるなよ!と自分を励ましています。

それで諦めずにやるとまた成功する機会が増えてきて、やっていてよかったと思うものです。そんなことの繰り返しだけど、いろんなことを続けられています。やっていくと出来ないと思ったことができるようになるものです。FXだって同じです。いろんなことが出来る中で、自分にFXの才能がないなんて絶対おかしい。負けるが勝ちって言葉があります。相場で損切りになるのは負けることだけど、負けて次のチャンスに備えるのが賢い選択です。上手く負けられる人がFX強い。たぶん。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ