金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

トレード記録をつけることがFXトレーダーの上達方法

FXのトレード記録を最初のうちはつけていたけれどだんだんつけるのが面倒くさくなり、トレード年数を可能性も重ねる人ほどしていないケースもあるのでないでしょうか。 しかし、FXはトレーダー本人の感だけではうまくいかないもので、少なくともそれに関係する情報やデータがものをいうことだってあるのです。 FXではトレーダーの勘よりも、データが重視している人ほど安定した運用ができています。

しかしそうはいってもFXトレーダーがトレード記録をつけていないということはよくありがちで、収支計算程度でいつどんな為替レートでエントリー決済するかをあとからではわからないということもあります。 わからないということはそれだけデータが残っていないということになるため、FXトレーダーとしては不利になります。

もちろんデータがだけではすべてではりませんが、それでもデータをばかにしてはいけないというふしもあります。 なぜかというと、為替レートというのは割と規則性があるものだといい、それにより名前がつけられている為替レートの値動きもあるくらいに、少なくとも傾向というのはあるとみていいてるしょう。

そういうときに自分の勘だけではだめなこともあり、過去とトレード記録を見つけることづトレーダーの力になることも数多くあります。 それではどういう風にトレード記録をつけるかというと、簡単でもいいのです。 エントリーした為替レート、決済した為替レート、それから日付やそのときみられた為替レートの動き方程度でもあとから見返すとそのときの記憶がよみがえる手助けになるのです。

紙でつけなくても最近はエクセルなど計算、そしてデータ管理しやすいものもあり、それを活用するのがいいかもしれません。 FXトレーダーにとってときには自らの勘だけでは足りない状況もあるのです。 為替レートとトレード記録など事実にもとづいたデータ管理を活用するのが手っ取りFXでの上達が早くなりやすい方法です。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ