金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

FXの利益が納税する水準に至ったときの対処

FXで一時的に要納税になる利益を得たことがあり、そのときには、どのぐらい納税するのか調べました。すると、けっこう税率が高く、利益が大きければ大きいほど、納税額が高くなります。 利益になってから納税に関して知ってもかまいませんが、たとえば60万円利益が出たらどのぐらいが税になるか知っておいてもよさそうです。

わりとショッキングなことと思います。なぜなら、FXは損失リスクがあり、利益で終わることは大変難しいわけですが、苦労して得られた利益のうち、かなりの利益が税になってしまうからです。 もちろん脱税すれば捕まってしまうし、申告することが絶対に必要です。そのときにスムーズに申告できるようにやり方を知っておいてもよさそうです。利益が得られるのがわかってから申告のやり方を学んでも問題ありません。

さほど難しくないので、十分に対処できるはずです。FX会社で発行している資料を参考にして作成します。 日本のFX会社の中にはくりっく365というのがあって、納税方法が2つあります。それぞれどのように納税するのか、わかればスムーズです。 さて、今回は一時的に利益になったということで、納税について考えてきましたが、その後利益が減り、ほとんど0円、さらに損失にもなりました。

これがFXの難しいところなのではないかと思いました。利益から損失へ転換するにはけっこう負けなくてはならないほどでしたが、10回取引して10回負けるぐらい連続で負けました。いわゆるスランプというものです。1回負けると焦ってしまって、さらにどつぼに嵌りやすいです。気がつくと利益がないわけで、FXできっちり結果を出すのは容易ではないと、認識しています。

勝っていればもっと勝ちたいし取引が増えていくし、大胆な取引にもなりやすく、損失に転換するところまで予測しえないでしょう。どのような展開で勝敗が続いていくのか、最後まで分からないものです。用心して取引するのをおすすめします。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ