金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

損切りか継続保有かの決断のタイミングの出し方

FXでは為替レートはふとしたタイミングで思わぬ方向に動くこともありますが、そういうときに早いうちに決済をするかそれとも、保有したまま推移を見守るかが判断が分かれるところではないでしょうか。 それではそういう局面に出会ったときのそれぞれメリット、デメリットに何が列挙されるでしょう。

まず為替レートが損失になる方向に傾いたときに、早いうちに決済をするメリットといえば現時点での損失抑えられるというところがあります。 多くの場合突然の為替の変動の場合、急転直下で変わることもあり危ないと感じたときはそれがより進む可能性を含めています。

そのため例えば100のダメージを受けるよりも50に抑えるそんなイメージが、このいわゆる損切りのメリットではないでしょうか。 また精神的にも損失があると抱えといるよりもすっきりして、新たにポジションろ取ることができやすいというところも魅力のひとつです。

しかしデメリットとしては、一時的な為替レートの変動の場合復調して、結局は損切りをしなくてもよかったというケースも見られます。 そのためあとであの時に損切りをしなければよかったというふうなことになるデメリットがかるといえぱあるでしょう。 それでは逆に損切りをせずに保有したままを選んだ場合のメリットは、再び為替レートが回復したときに損失がでないことと、むしろ利益になりえる可能性があるからです。

為替レートは半年、一年間という長いスパンでみると一時的な為替レートの変動はよくみられることで損切りをしないですむ局面は結構ありえるものです。 そのため保有したままを選択するメリットはもちろんあるでしょう。

しかし為替レートはたまに大きく値を下げたりなどして、平均を下げるくらいの勢いで変動するタイミングもあり、それに損切りをしないと損失を食らうばかりかロスカットなどあうリスクもはらむことになります。 為替レートの変動で、損切りか継続保有かを決めるときは慎重にするのが一番です。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ