金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

FXをやっていて、自分には才能がない?なんて思うとき

1月11日、現在18時50分です。東京時間午後に豪ドル円が上昇していました。綺麗にラインを引っ張れたので、これは機能しそうと思い、じっと見ていました。すると、しばらくしてトレンドラインを割りました。一度も割らずに機能していたのに割ったことで、今度はレジスタンスになって跳ね返されると思い、売りをしました。思った通り跳ね返されて、上には行けなくなりました。

利益が出たのにもっと引っ張りたいと思って放置していたら、私が寝ている間に戻してきて、利益がなくなっています。ご飯を食べてからチェックしたら、ポジションがなくてショックでした。今日は引っ張ってはいけなかったみたいです。確認したときに出ていたニュースは、上海総合指数が引けにかけて下げ幅を拡大させた、原油価格が軟調に推移している、ドル高、欧州株が小動きです。豪ドル円が影響を受けるものは上海総合指数や原油価格です。

これらが良くなければいつも売られています。ナノに買われていて、これっておかしくない?と思いました。可能性としては、人民元の基準値が2日連続で高く修正されたことです。思ったほど切り下げられなかったことで、好感して買われたと書かれていました。これによる安心感から買いが入っているのかもしれません。あとは、強いドルのおかげで上昇している。こんな風に考えたんだけど、実際のところはどうなのかわかりません。

相場って読もうとしても読めないものです。自分が予想した通りに動かないと意味が分からない!とふてくされたり、やっぱり自分は才能がないのかな?って思ってしまいますが、どんなプロだって相場が読めないときはあるものです。専門家のツイッターをのぞいても、理解できない動き!と書かれているのを目にします。

すると、プロもそうなんだから、才能とは関係なくてそういう相場だからなんだと思います。でも、チャートにラインは引っ張れるし、チャートを見るとどう動いているのか理解できるので、問題がないと思います。問題があるとするなら損切りと利益幅の選び方でしょう。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ